YMD特設ブログ所

アクセスカウンタ

zoom RSS 若山・嶽山・四熊ヶ岳を周回。

<<   作成日時 : 2019/02/21 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 四熊ヶ岳から嶽山へ周回した折に、嶽山北尾根から東へ向かって大神五丁目あたりの国道489号線方面に延びる尾根が気になった。ということで、間を置かず当該尾根への斥候に繰り出した。その行程はまず陶の道から若山への山城跡へ登城したあと上迫へ下り、速やかに国道2号線歩道を移動せしめ、皿山付近の福川コースより嶽山に登る。
 嶽山東北峰から北尾根を辿って陶の道鞍部に下る途中に石を積んだケルンがある。そこより少し下った所にトンダと刻印された標石が埋設されており、ここが東尾根への分岐点である。密なる照葉樹林のなか急斜面を下って行き、二ツ岩が現れたら東尾根に乗った証拠である。そのまま尾根の高みを忠実に辿ると左にずれるので注意が必要である。尾根は視界が悪く方角を取り難いが、東側の樹林の切れ間から微かに銀色の高架塔が立っているのが見えるので、その方角を目差す。
 樹林が開け急に視界が開ける笹藪まで下ると、四熊ヶ岳や法師ヶ岳が目に飛び込んでくる。ここから見る四熊ヶ岳は周防小富士と呼ばれるだけあって、山頂を頂点に左右に均整よく流れる稜線がほんとうに秀麗(文頭画像)である。それに、東下には先程まで樹林の隙間にチラチラしていた高架塔が間近に見え、また、今から辿る東尾根の様子がよく分かるので有り難い。笹藪はとても漕いで行けそうもないので右側の樹林に入り込み下ると、明確な送電線高架塔(No.6)の巡視路に出会う。それから先、高架塔の傍らを通り巡視路を辿って行く。
 尾根が南東に屈曲する手前に鞍部があり、そこより巡視路は尾根から右(南東)に外れ、大きな砂防提のある坂根町の最奥部に下っている。鞍部には頭に「学」という字が刻印してある標石があるので目印となる。ここから巡視路と別れ真っ直ぐ登り、登り切ったら尾根を南東へと辿って行く。鬱蒼として暗い樹林のなかを進んでいるうちに突如として上京墓地が現れる。なお、坂根へ下る巡視路は途中で分岐しており高架塔(No.28)へも行ける。
 墓地には小庄下から這い上がって来た車道がある。墓地より東側の真新しい高架塔へ続く広い道幅の巡視路を進む。おそらく高架塔建設の際に、建設機械や資材運搬車が通れるように拡幅された、いわば工事用道路だったのだろう。ひとつ目の高架塔(No.28)を過ぎると、四等三角点(155.6m)が埋設されていた。次にまた高架塔(No.27)に出会ってから竹林のなかを下ると国道489号線が直ぐそこにあった。これら高架塔周辺は伐採してあり、四熊ヶ岳・法師ヶ岳や広谷集落がよく見渡せた。
 国道489号線から南に下り、日本の初代天皇と云われる神武天皇ゆかりの神上(こうのうえ)神社に立ち寄った。そこから再び国道489号線へと戻り、小畑小学校の前を通り、広谷集落を経て金明水登山口より四熊ヶ岳へ登る。
 四熊ヶ岳山頂からは、登った一般コースを引き返さず南尾根の樹林帯や竹藪のなかを下降し、広谷集落車道へ出る。その後、高速道跨橋・広谷橋を渡り国道489号線に下り、河内橋南詰にある陶の道から出発地点の花河原上の車道駐車余地へと帰着する。


画像

花河原より見る若山(左奥=大平山)


画像

市道から若山への陶の道


画像

陶の道


画像

陶の道


画像

陶の道


画像

陶の道


画像

陶の道


画像

若山城西の丸跡


画像

西の丸跡から山頂への登城道途中にある「纏リス君」


画像

若山山頂 2019/02/21 09:10


画像

若山城壇床遺構


画像

若山城二・三の丸跡


画像

林道若山線より見る陶の道尾根を前景に四熊ヶ岳


画像

林道若山線、基地局アンテナ付近より上迫へショートカット


画像

国道2号線上迫交差点


画像

嶽山福川コース登山口


画像

嶽山福川コースより見る嶽山南西尾根


画像

福川コース石鎚神社講鳥居


画像

福川コース登山路状況


画像

福川・温田コース南西尾根上の祠


画像

福川・温田コース南西尾根上のカンカン石


画像

嶽山山頂 2019/02/21 11:15


画像

日地コースより見る嶽山三角点峰(364.0m)と東北峰(363.8m)


画像

嶽山北尾根上のケルン


画像

嶽山東尾根への取り付き標石 東尾根の随所に境界石あり


画像

笹藪より見る四熊ヶ岳・法師ヶ岳及び東尾根の高架塔


画像

東尾根の高架塔南陽牟礼線No.6付近の巡視路


画像

東尾根の高架塔巡視路分岐 左←小畑 直進↑坂根 


画像

標石頭に「学」の刻印あり 左←小畑 右→坂根 


画像

東尾根が南東へ屈曲する地点(227.6m)

画像

墓地へ出るまでの東尾根の照葉樹林帯


画像

高架塔No.28付近から見る四熊ヶ岳


画像

高架塔No.28からNo.27への巡視路


画像

高架塔No.28から金刀毘羅社付近の巡視路


画像

東尾根の四等三角点(155.6m)


画像

国道489号線旧道(断線)にある高架塔No.27巡視路登降口 


画像

神武天皇由来の神上神社


画像

小畑小学校(廃校)と四熊ヶ岳


画像

金明水付近の四熊ヶ岳広谷登山口


画像

四熊ヶ岳広谷コース登山道


画像

四熊ヶ岳広谷コース参道


画像

四熊ヶ岳山頂、四熊ヶ嶽神社


画像

四熊ヶ岳山頂三角点 2019/02/21 14:23


画像

四熊ヶ岳南尾根


画像

四熊ヶ岳南尾根の岩塊


画像

広谷橋付近より見る棚田を前景に四熊ヶ岳・法師ヶ岳


画像

陶の道 小畑〜花河原


画像

花河原上の車道駐車余地付近、陶の道小畑方面入口


画像

平野港より見る四熊ヶ岳・法師ヶ岳 前景は嶽山東尾根


画像

若山・嶽山・四熊ヶ岳、周回概念図


画像

晴海埠頭より見る黄昏どきの嶽山と四熊ヶ岳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若山・嶽山・四熊ヶ岳を周回。 YMD特設ブログ所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる