アクセスカウンタ

YMD特設ブログ所

プロフィール

ブログ名
YMD特設ブログ所
ブログ紹介
主ニ防長、及ビ近傍ノ山歩キノ記事ヲ掲載セリ。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
十種ヶ峰、福谷池・名賀越え・山芍薬。
十種ヶ峰、福谷池・名賀越え・山芍薬。  十種ヶ峰へ福谷池コースから登り、併せて今が見頃らしい神角の山芍薬の自生地を訪ねる。福谷池への林道は、幅員が狭く離合が困難なうえ石がゴツゴツ露出し路面が荒れている。そこで、車を乗り入れるのを止め長い林道歩きとなる。福谷池堰堤より、萌黄色の新緑と謎めいた湖面を前景に、目指す十種ヶ峰の尖峰が見える。  堰堤上を通り左岸湖畔沿いの小径を辿ると山口・島根県境の名賀(なよし)越えに着く。この県境峠より十種ヶ峰東南山腹に開削された古い林道を登って行く。以前は伐採後でまだ眺望もあり、名賀越えより県境... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/02 20:57
サツマイモの栽培。
サツマイモの栽培。  最近、頓に関心を持ち出した焼き芋の芋を自主調達すべく栽培に挑戦。抑々、生来の飽き性ゆえ野菜を育てるのは大の苦手であり、おそらく植えっ放しで雑草茫々になるであろうが。サツマイモを買うため立ち寄った産地直売所で、季節柄、店頭に並べられた苗が目に留まり衝動買いする。なお、今回は苗の植え付けまでだが、今後、秋の収穫まで随時更新されるであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/24 11:29
山のお菓子Vol.2・3 「永源山」 「皇座山」
山のお菓子Vol.2・3 「永源山」 「皇座山」 ≪山のお菓子Vol.2 永源山≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/21 18:18
錦川清流線と沿道の案山子?
錦川清流線と沿道の案山子?  岩国駅から北の錦町広瀬駅間に敷設された錦川清流線の南河内駅は、桜の咲く季節に先に咲いていた菜の花との共演コラボを縫って、個性的にペイントされた気動車が走るのが見られるとのことである。そこで、何やらミーハー(死語?)的ではあるが、捨てても置けず南河内駅に行ってみた。別に鉄オタ・カメオタではないけれど俄か撮り鉄になって、南河内駅付近の田園に各々ベストポジションを確保して散開する鉄道マニアやカメラマニアらしきと見られる皆さんに紛れ込み、彩色豊かな気動車を撮った。日常の憂さを忘れ、こんなワ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/08 09:55
桜の花を見物に行く。
桜の花を見物に行く。  満開の時機を狙っていた河川敷の桜が、例年だいたい仕事や所用で機会を逸していたのだが、今年は都合よくベストタイムに行くことができた。当日の空は微塵も雲がない快晴に恵まれ、こんなことは滅多にない絶好の桜日和であった。だが、シャッターを押した瞬間はしめたと思ったのだが、こうして画像で見ると平凡に映り、やっぱりリアルタイムに見た感動ほど優るものはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/07 21:32
モウソウチク(孟宗竹) イネ科タケ亜科マダケ属 常緑多年草
モウソウチク(孟宗竹) イネ科タケ亜科マダケ属 常緑多年草  岩国市の明橋、錦帯橋を渡り吉香公園を抜けて錦川の右岸を遡ると、川筋は城山北麓を捲いて北から南西へと鋭くカーブしている。ここに拡がる広大な河原が千石原で、ここから延々と上流の南河内まで、両岸には見事な竹林が続いている。これが京都の嵯峨、岐阜の揖斐と並んで日本の三大美竹林といわれる御庄竹林で、総面積三四〇ヘクタール、この内、三分の二がマダケ、残りがモウソウチクだそうだ。  山口県は竹材生産量では鹿児島県、熊本県に次いで全国三位、県内の竹林面積は八七〇〇ヘクタールで御庄竹林はその四パー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/03 18:28
廃材を利用して焼き芋を作る。
廃材を利用して焼き芋を作る。  もともとは茅葺きの古民家を解体したときに出た廃材の一部を薪割りして燃料にし焼き芋を作る。サツマイモは自給物といきたいところだったが、そのときの収穫時にこういう発想がなかったので、今回は産地直売所等で購入したものを使用。(サツマイモの収穫は秋なので保存していたものか)また、近年、猪の出没で収穫時を狙ったように芋畑を荒らされサツマイモを作るのが難しくもなった。  まず手練りコンクリートの骨材にすべき備蓄している砕石を利用し石焼き芋を作る。その後、焚火に芋を直接投入するふつうの焼き芋を作る... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/18 18:15
焼杉山、ケンノジ谷。
焼杉山、ケンノジ谷。  遅くなった出発のうえ、周南からだと小3時間はかかるので、二軒小屋駐車場に着いたのはもう11時過ぎであった。遠いアクセスのため何とも効率の悪い山行である。(本当のところは朝が弱いため体内リズムが整うまでなかなか出掛けられない)これでは焼杉山ピストンのみの山行になっても致し方あるまい。  サバの頭を後景にお気に入りの白樺を撮ったあと、水越峠に向かって十方山林道を歩き出した。遅い出発のしっぺ返しは行動範囲に如実に表れ、焼杉山往復だけの山行に跳ね返ってきた。  例年なら今の時期、林道に雪が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/05 23:05
嶽山、南東尾根コース。
嶽山、南東尾根コース。  最近、数年振りに嶽山に登った時に(若山・嶽山・四熊ヶ岳を周回等)、嶽山東北峰(363.8m)の南東尾根に小径が見受けられたので丸山町の落迫配水池より斥候に出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/24 22:42
若山・嶽山・四熊ヶ岳を周回。
若山・嶽山・四熊ヶ岳を周回。  四熊ヶ岳から嶽山へ周回した折に、嶽山北尾根から東へ向かって大神五丁目あたりの国道489号線方面に延びる尾根が気になった。ということで、間を置かず当該尾根への斥候に繰り出した。その行程はまず陶の道から若山への山城跡へ登城したあと上迫へ下り、速やかに国道2号線歩道を移動せしめ、皿山付近の福川コースより嶽山に登る。  嶽山東北峰から北尾根を辿って陶の道鞍部に下る途中に石を積んだケルンがある。そこより少し下った所にトンダと刻印された標石が埋設されており、ここが東尾根への分岐点である。密なる照... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/21 23:58
四熊ヶ岳から嶽山へ周回。
四熊ヶ岳から嶽山へ周回。  四熊ヶ岳を『防長百山』では、日向の高千穂峰の三ツ嶺ドライチンネに見立て件がある。なるほど、中央に本峰がすくっと立ち南峰(肩)と法師ヶ岳を従えた三峰から成る山容は、規模こそ劣るが言い得て妙かも知れない。   その秀麗なフォルムは周防小富士とも呼ばれ、徳山や新南陽の市街から日常においてしぜんと目に入る。それは、前景に煩雑な藪山で遮られることなく独立峰の呈よろしく見られるからだ。  皿山の福川駅通り交差点から、国道2号線大神交差点より北上する国道489号線へショートカットする車道が、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/05 21:59
恐羅漢公園線&恐羅漢スノーパーク。
恐羅漢公園線&恐羅漢スノーパーク。  昔呼びならわした内黒林道こと恐羅漢公園線を通り、恐羅漢スノーパークへ行く。この日は生憎と山頂周辺がガスに煙り、期待していたGood!ビューに恵まれなかった。また、このところ言い尽くされている暖冬現象ではあるが、今年は特にその現象が顕著に表れ積雪量が不足していた。おかげで、快適なスキーイングには決して良いSituationではなく、ゲレンデ所どころにブッシュが出ているところもあった。各コースの画像は、曇天モヤモヤの天候だから暗い感じがしており、モノクロのように見えてしまっている。合間に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/04 23:53
油圧ショベルのサクションホースを交換。
油圧ショベルのサクションホースを交換。  里山暮らしの野良仕事には人力作業では仕事が捗らないことがある。例えば、除草・伐採後の後片付けや廃材等の処理に、量が多かったり運搬物が重たかったりするので、人力では非力と痛感することがある。そこで作業の効率化を図るため、ユンボとかバックホーと呼ばれる油圧ショベルを導入した。  しかし薄給労働者にとっては、予算的に低価格の年代物の中古を買うを得ざらないため、何せ始動キーを回すとき、エンジンが掛かるかどうか不安になる。案の定、キーを回しても、うんともすんとも言わないことが不定期に発生し、電... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/16 10:06
円山、鹿野町大潮。
円山、鹿野町大潮。  莇ヶ岳や弟見山へ行く途中、鹿野町大潮あたりで錦川を挟み左前方に小高い山を見るのが常だ。とても一日費やして登るような山ではないので、いつもやり過ごしてしまう。   だが、図体こそ小さいがなかなか形のよい山容をしており、しかも附近のごちゃごちゃした山並みから離れているので、独立峰の呈よろしく自分の領域を保っているかようだ。また、植林の域も多くなく自然林が残っているので、特に紅葉の頃には国道315号線を走る車窓から彩り豊かな裾模様を見せてくれる。  先週、莇ヶ岳に行ったとき旧大潮小学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 22:49
莇ヶ岳、紅葉の県境尾根を辿る。
莇ヶ岳、紅葉の県境尾根を辿る。  今年になって莇ヶ岳へは春に弟見山へカタクリの花を見に行ったときに寄ったから二度目だ。通算すると、おそらく自分のしがない山行のなかでいちばん登った山かも知れない。  最初に来たときは莇ヶ岳の象徴ブナ林がチェーンソーの爆音もけたたましく伐採たけなわであった。その当時の伐採の名目は、伐採後に杉桧を植林し将来の建築資材の需要確保にあてるという林野政策であったらしい。その頃の登山愛好者は自然保護に熱烈な人たちが多く、莇ヶ岳のブナ林を守ろうという団体があったが、その活動は押し切られ東南面の山腹の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 21:48
カエデ(楓)カエデ科カエデ属 落葉喬木
カエデ(楓)カエデ科カエデ属 落葉喬木  この稿を書くにあたって『日本植物図鑑』(保育社版)をあらためて見直してみたら、カエデ科は世界に二属一五〇種とある。その一属はもちろんカエデ属だが、もうひとつには触れていない。そこでカエデ属をみるとやはり一五〇種とある。してみると他の名のわからぬ属に属するものは、おそらく一〜二種しかないのだろう。  ついでに樹種の名を調べてみたら、○○カエデのようにカエデのつく名(A)三〇、イタヤのつく名(B)一四、モミジのつく名(C)八、その他五で、計五七。ひとつの樹種に複数の名を持つものもあるから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/03 20:43
ツワブキ(石蕗) キク科ツワブキ属 多年草
ツワブキ(石蕗) キク科ツワブキ属 多年草  ツワブキはフキに似ていて、しかも葉に光沢があるので艶ブキ、それが転訛してツワブキになったと言われる。たしかに葉の形や、山菜の代表ともいえる茎のホロ苦さなどは似ているが、さらによく見ると類似点よりはむしろ相違点の方が目立つようだ。  その第一は花だ。フキノトウと呼ばれるフキの花茎は分厚く覆う苞の中からちょっぴり顔を見せ、晩冬、雪の中からこんもり顔を擡げ、愛らしく人気ものだが、薹がたってしまうと白茶けた花は見向きもされない。ツワブキの花は葉に遅れて初冬、花茎の先に真黄色の大柄な花を開く。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/29 17:34
風に吹かれて/ライク・ア・ローリング・ストーン/くよくよするなよ等⇒ボブ・ディラン
風に吹かれて/ライク・ア・ローリング・ストーン/くよくよするなよ等⇒ボブ・ディラン 「風に吹かれて/ライク・ア・ローリング・ストーン」ボブ・ディラン ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/13 22:49
いつか街で会ったなら〜水無し川etc。
いつか街で会ったなら〜水無し川etc。 「いつか街で会ったなら」等 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 22:44
第二種電気工事士免状取得。
第二種電気工事士免状取得。  およそ試験というものは大の苦手であるが一発奮起して第二種電気工事士免状取得に挑戦する。第二種電気工事士試験は一年に上期と下期の二回あり、そのどちらかを選択することになる。例えば上期は筆記試験が6月に実施され、それに受かったものは7月にある実技試験を受験できる。下期は筆記試験が10月で技能試験が12月に実施される。但し、上期に受からなかったといって下期に連続で受験することは出来ない。なお、筆記試験に受かり技能試験に受からなかった場合は翌年の筆記試験が免除され、技能試験のみ受験すること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 17:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

YMD特設ブログ所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる